FC2ブログ

KZ1000LTDアンコール!

オートバイのコンテンツです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

LTDってどんなマシン10 KZ1000LTD諸元表

読者様からのリクエストに応じます。
諸元表は新規登録には必須アイテムですが、
国内販売が無い、KZ900&KZ1000LTDシリーズは入手が困難です。
メーカーでも取り寄せ出来たかと思いますが、
ビジネス文書が苦手な人にはハードルがチョット高いかも・・・

と言うわけで当方が提供できるのはサービスマニュアル記載の
KZ1000LTD各車諸元表です(KZ900LTDは有りませんごめんなさい)。
もちろん英文ですが、オートバイに慣れ親しんでいる人には
何の事かは容易に判ると思います。

以下のリンクで取得して下さい。ファイルはPDF版です。

なお、不正利用は固く禁じます。
転売等の商売のネタ(ヤフオクは常にチェックしてます)や
無断転載(画像は一部加工して有りますので、転用すればすぐ判ります)は絶対ヤメテ下さい。
発覚した場合はブログは閉鎖します。
脅しじゃありませんので、個人の善良な活用に限り許可します。


KZ1000-B1

KZ1000-B2

KZ1000-B3

KZ1000-B4
スポンサーサイト
  1. 2013/03/27(水) 13:11:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:17

LTDってどんなマシン9 フレーム

DSCF0478.jpg
KZ1000LTDのフレームについては
雑誌で取り上げられることはほとんどありませんでした。
ここではA系他との違いを見てみましょう。

DSCF0472.jpg
後のLTDシリーズがシートレール部を低くした専用フレームを採用したのと異なり
基本形状はベースのKZ1000A(マフラーステーが異なる)のまんま、
と言うより国内仕様のZ750D1に近いです。

DSCF0473.jpg
KZ1000B-1のステアリングヘッド回り。
ハンドルロックはアンダーステム下、国内のD1と同じです。

DSCF0434.jpg
KZ1000B-3のステアリングヘッド回り。
ハンドルロックはステムシャフトに貫通のタイプになります。
国内ではD2(FX-1)と同じです。

DSCF0474.jpg
KZ1000LTDB-1のガゼットプレート回り、左サイドより。
DSCF0475.jpg
同じくガゼットプレート回り、右サイドより。
DSCF0476.jpg
外観上、顕著なのが、タンデムステップの取り付け位置です。
D1やZ1より低い位置で取り付けられています。
リアマスターはD1と同じタイプですが、KZ900LTDは異なるプレートを取り付けていました。
ちなみにZ1/Z2の4本マフラーも着きますが、タンデムステップはマフラーで隠れてしまい取り付け不能です。
タンデムシートは高く、ステップは低い、日本人じゃキツイですね(^^ゞ
  1. 2013/02/20(水) 23:23:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

LTDってどんなマシン8 ターンシグナルランプ

DSCF0010.jpg
ターンシグナルランプ、所謂ウインカーですね。
LTDのフロントターンシグナルランプ(パーツNo.23040-1004)でポジション球付きです。
リアは(パーツNo.23040-029)でお馴染み丸Z系と共通部品です。
無数の車種がありましたが、前後でウインカーが異なるのは900&1000LTD位かな?

DSCF0012.jpg
Z1/Z2/Z900/Z1000はフォークカバーに
ヘッドライトの固定ボルトを兼ねたターンシグナルブラケットで固定されますが、
LTDではハンドルマウントになります。

DSCF0013.jpg
ハンドルマウント用のブラケット上下(上パーツNo.23051-1013,下パーツNo.23051-10004)です。
上下分割でラバーダンパーを挟み、ハンドルにぶら下げる形で固定されます。
リード線もネジで付きます。ちなみにZ650LTDも同じパーツを使います。

DSCF0014.jpg
Z系各種ターンシグナルの比較です。
左上Z1R、左下Z1/Z2/Z900/Z1000、右上Z1000Mk2/Z750FX、右下LTDです
製作メーカーはZ1RのみKOITO製、他はSTANLEY製です。日本が誇る電装メーカーですね。
あえてZ1系とは異なる小振りなタイプで差別化したセンスは良いと思います。
  1. 2013/02/03(日) 19:50:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

LTDってどんなマシン7 ヘッドランプブラケット

DSCF0007.jpg
さて、単品で出されると、これなんですか?状態の
LTDのヘッドランプブラケットです。
Z1/Z2/Z900/Z1000まではフォークカバーと称してパーツ総数左右10点の
フロントフォークに被せるタイプになります。

DSCF0008.jpg
LTDではなんとたったのこれだけで、ヘッドランプを支えます。
メーターブラケット同軸に取り付けます。
シンプルなルックスはとても気に入ってますが、
実用上は高回転高速域では振動がモロに来て良くは有りませんねぇ。

DSCF0009.jpg
  1. 2013/01/27(日) 13:52:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

LTDってどんなマシン6 サイドスタンド

DSCF0002.jpg
DSCF0003.jpg
LTDにはメインスタンドは無くサイドスタンドのみの装備です。
正確な理由は判りませんが、
経験から車高が低いマシンのメインスタンドを引き起こすのは至難の業だからと勝手に推測しています。
さて、画像はLTDのサイドスタンド(パーツNo.34024-065)です。
Z系オーナーの方ならもうお気づきかと思いますがZ1/Z2とは異なります。
全長が短く、座面(底)の形状もかなり異なります。

DSCF0015.jpg
DSCF0006.jpg
Z2用(パーツNo.34025-005)とLTDのサイドスタンドの比較です。
全長は取り付けボルト分くらいの差ですが短く感じます。
スプリング(パーツNo.34024-038)は共通ですが、取り付け基部の位置がかなり違います。

  1. 2013/01/17(木) 23:39:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。